フリーランスエンジニアは何がつらい?ポイントと対策【現役が語る】

フリーランスエンジニアは「つらい」って聞くけど、具体的に何がつらいの?
対策はあるの?

そんな悩みにお答えします。

この記事の著者

✔現役フリーランスエンジニア(2019/06~)

フリーランスエンジニアになる前に、不安要素はなるべく潰しておきたいですよね。

他の記事はつらい点が書いてあるだけで、解決策が書いていないものがほとんど。
つらい点だけわかっても、不安を煽るだけなのでは、、

そこで、この記事では現役フリーランスエンジニアである私が、フリーランスエンジニアのつらい点とその対策についてご紹介します。

この記事を読めば・・

✔フリーランスエンジニアのつらい点

✔つらいを減らす対策

がわかります!

参考になれば幸いです。

フリーランスエンジニアのつらいところトップ10

ここでは、現役フリーランスエンジニアである私がランキング付けした、「フリーランスエンジニアのつらいところトップ10」をご紹介していきます。

フリーランスエンジニアのつらいところトップ10
  1. 収入が不安定
  2. 将来が不安
  3. 孤独
  4. ワークライフバランスがとれない
  5. 徹底的な自己管理が必要
  6. 仕事でスキルアップできない
  7. 自分で営業する
  8. 自分で事務作業する
  9. お金の発生しない作業の存在
  10. 機材や備品は自腹で購入

1位~10位まで、順にご紹介していきます。

1位.収入が不安定

フリーランスエンジニアのつらいところ1位は、収入が不安定なことです。

当たり前なんですが、フリーランスは仕事しないとお金がもらえません
会社員って、極論、仕事しなくても給料もらえるじゃないですか。

以下、私のある時期半年間の月収です。

7月の月収、3.85万です。アルバイトかよ。。

【実態】フリーランスエンジニアは儲かるのか?半年間の収入を公開

収入は良いんですが、不安定なので、怖くて贅沢できません。
仕事がない時に残高がみるみる減っていくのは恐怖ですよ。。

2位.将来の不安

フリーランスエンジニアのつらいところ2位は、将来の不安です。

会社員の方は、このまま会社を続けた場合の5年後について、ちょっと想像してみてください。
想像するのは、以下の項目です。

5年後の予想
  • どんな仕事をしているか?
  • どれくらいの給料をもらっているか?

多分、会社員としての5年後なら、割と具体的に予想がつくのではないでしょうか。

フリーランスになると、5年後どころか1年後すら予想できません
これ、まじ怖いですよ。

3位.孤独

フリーランスエンジニアのつらいところ3位は、孤独です。

会社という巨大なコミュニティを失い、しばらくは一人ぼっちです。

「歓送迎会」とか、「帰りにちょっと一杯」とか、「同僚とランチ」とか基本無くなります。
会社員の時に会社の人たちと交流が深かった人ほど、フリーランスになってから、強い孤独を感じるはずです。

フリーランスエンジニアの孤独は当たり前?孤独の理由と対処法【現役が語る】

フリーランスの友達とかできてくると、だいぶ孤独感は薄れます。
ただ、はじめのうちは本当に孤独。人によっては、圧倒的1位で孤独がつらいでしょう。

4位.ワークライフバランスがとれない

フリーランスエンジニアのつらいところ4位は、ワークライフバランスがとれないことです。

フリーランスって、プライベートを充実させられるイメージがあるけど。。

私も、フリーランスに対して、「プライベートを優先できるイメージ」を持っていました。
「最低限働いて、残りは全部キャンプ行ったりするぞ~!」みたいな。

実際なってみてわかったは、「フリーランスはプライベートを優先しようと思えばいくらでもできる。ただ、それには相当な勇気がいる」ということです。

これまた、ちょっと想像してみてください。
以下の状況で、仕事がない日に、仕事のことを何も気にせず過ごせそうですか?

フリーランスエンジニアの状況
  • 収入が不安定で、仕事がなければ収入はゼロ
  • 将来が不安で5年後食えてる保証はない
  • 仕事は基本的にスキルの切り売り

多分、無理ですよね。
「収入不安定」、「将来不安」、「仕事ではスキルアップできない」こんな状況で、「週2-3だけ働いて残りは全部キャンプ行くぜ!」ってやるには、かなり強めのメンタルがいります。

実際、私は今、週2-3勤務で生活費は稼げています
ただ、将来のために、働いている以外の時間も、ブログ書いて別の収入源を作ったり、本読んでスキルアップしたり、基本的に仕事のことをしています。

一週間は、月月火水木金金です。一切仕事に関わらない日は、ほぼないですね。

会社員のときのほうが、土日に思いっきり遊べてたなぁ。。

5位.徹底的な自己管理が必要

フリーランスエンジニアのつらいところ5位は、徹底的な自己管理が必要なことです。

会社員なら、仕事に関してある程度の指針をくれるじゃないですか。
「こんな感じでスキルアップしていこうね、仕事はこういう系やってね」みたいな

フリーランスは、すべて自分で管理しなければいけません。

管理しなければいけないことの例
  • どんなスキルを身に着けていくのか
  • どうやってスキルアップしていくのか
  • どんな仕事をしていくのか
  • いくらぐらい稼ぐのか
  • どうやって稼ぐのか
  • 将来どうなりたいのか

6位.スキルの切り売り

フリーランスエンジニアのつらいところ6位は、仕事がスキルの切り売りであることです。

会社員って、わりと新しいことにチャレンジできて、スキルアップする機会がありますよね。
こんな感じで↓

上司

そろそろ部下のマネジメントも挑戦してみて!
今後Javaの案件取っていくから、新しく勉強して!
研修の講師やってみて!


仕事を通じて未経験のことを経験できて、かつ給料普通にもらえます

それに対して、フリーランスで受ける案件は、既に十分にスキル・経験がある分野の仕事だけ
フリーランスとして稼げる仕事だけやっていると、スキルアップの機会は皆無です。

仕事でスキルアップは望めないので、会社員以上に、自己研鑽の時間を設ける必要があります。

7位.自分で営業

フリーランスエンジニアのつらいところ7位は、自分で営業することです。

お客さん先に飛び込んだり、何度も訪問して信頼関係を築いたりして、仕事を取ってきてくれる営業さんはいません。自分で営業していく必要があります。

営業がやりたくなくてエンジニアになったようなものなのに・・

8位.自分で事務作業

フリーランスエンジニアのつらいところ8位は、自分で事務作業することです。

会社員のように、経理のおばちゃんや事務のお姉さん、総務のおじさんはいません。
事務作業は全て自分でやらなければいけないのです。

めんどくさいと感じている事務作業の一例
  • 請求書の作成・送付
  • 契約書の確認
  • 確定申告時の仕訳入力

契約書の中身を1行1行確認しているときとか、「俺は一体、何をしているのだろう、、」となります。

9位.お金の発生しない作業の存在

フリーランスエンジニアのつらいところ9位は、お金が発生しない作業の存在です。

フリーランスエンジニアがお金をもらえるのは、お金が発生する作業をしたときだけです。
「当たり前じゃね?」って思った方、ちょっと考えてみてください。

会社員として、上司にこんなこと言われたらどう思いますか?

上司

今月案件少ないから、エンジニアも営業活動すること!
ただし、営業してる時間は給料ナシね!

営業中は金もらえないとか、「どんなブラック企業やねん」って感じですよね。
会社員は、お金が発生する・しないに関係なく、仕事すれば給料がもらえるんです。

ところが、フリーランスだと、営業活動などのお金が発生しない作業にはお金はもらえません

お金がもらえない作業の例
  • 事務作業
  • 営業活動
  • セミナーや勉強会への参加

10位.機材や備品は自腹

フリーランスエンジニアのつらいところ10位は、機材や備品は自腹で払うことです。

これは、私が今まで自腹で払ったものを見れば、わかるはず。

私が今まで自腹で払ったもの
  • パソコン(20万)
  • Officeソフト(3万)
  • 作業机(3万)
  • マウス(1万)
  • ディスプレイ(1万)
  • いす(1万)
  • セミナーへの参加費(5万)

「パソコンは給与から天引きね!」って会社なんて、無いですよね。
全部自腹なの、地味につらいです。

フリーランスエンジニアの「つらい」への対策

ここでは、フリーランスエンジニアの「つらい」をなるべくなくすためにできる対策についてご紹介していきます。

1.エージェントを利用する

フリーランス向けのエージェントを利用すれば、営業活動をせずに仕事を見つけることができます。

案件の単価から手数料が引かれて収入が払われる形なので、エージェントの利用で、あなたがお金を払うことはありません。

【徹底比較】現役エンジニアがオススメするフリーランスエージェント5選

2.秘書代行サービスを利用する

秘書代行サービスを利用すれば、事務作業から開放されます。

お金はかかってしまいますが、事務作業をするはずだった時間分、お金の発生する作業ができれば、余裕で元はとれるでしょう。

3.オンラインサロンや交流会に参加する

オンラインサロンや交流会に参加すれば、孤独感を減らせるでしょう。

人と交流できる機会が増えれば孤独感は減るので、
エンジニア向けのサロンじゃなくても、興味あるサロンなんでもいいです。

オンラインサロン試しに入ってみたいけど、
どんなジャンルがいいのかわからないし、高いイメージがある。

そんな方は、人生逃げ切りサロンがおすすめです。

人生逃げ切りサロンのオススメポイント
  1. 月額料金が比較的安い(現在2480円)
  2. 動画編集、プログラミング、ブログ、ライティングなど扱っているものが多岐に渡る

4.収入源を複数持つ

エンジニアとしての本業以外に、収入源を持つことができれば、収入を安定させることができます。

収入源の例
  • YouTube
  • ブログ
  • 有料Note 
  • 投資 など

私もブログで収入を安定させようと、奮闘中です!

5.ワークアズライフを受け入れる

ワークアズライフという考え方を持つことで、ワークライフバランスがとれない悩みを軽減できます。

ワークアズライフとは・・

仕事とプライベートを分けることなく寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考え方

落合陽一さんの「日本再興戦略」という本の中で、このワークアズライフについて語られています。

6.将来の目標を持ち、日々行動する

将来の目標を持ち、日々行動することで、将来への不安を少なくすることができます。
不安をなくすには行動するしかありません。

7.事業用の講座を持つ

事業用の講座を持つことで、仕事への投資に抵抗が少なくなります。
事業用講座には、住信SBIネット銀行がおすすめです。

フリーランスの銀行口座は住信SBIネット銀行一択!【メリット・デメリット】

つらいは克服できる

フリーランスエンジニアのつらい点と、その対策についてご紹介してきました。

フリーランスエンジニアにはつらいことが多いのは確かですが、克服できます。

私もフリーランスエンジニアになりたての頃、つらいことのほうが多くて、「会社員に戻ろうかな。。」と実際に転職活動をした時期もありました。

でも今は、めちゃくちゃ楽しく、迷いなく働くことができています。

レールの引かれていない自由な世界へ、あなたも一歩、踏み出してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA