【実態】フリーランスエンジニアは儲かるのか?半年間の収入を公開

フリーランスエンジニアって実際どうなの?
収入は?仕事のとり方は?

そんな疑問をいだいていませんか?

この記事では
フリーランスエンジニアの実態や、
サラリーマンと比較したときのメリット、デメリットをお伝えします!

こんな人におすすめ
✓現役エンジニアでフリーランスになろうかどうか迷っている人
✓フリーランスエンジニアの実態を知りたい人

私が書きました

✓現役フリーランスエンジニア
✓7年間のサラリーマン(転職1回)経験あり

フリーランスエンジニアの収入【実体験あり】

【私の実績】年収770万。平均時給は4,771円

早速ですが、私の収入の実績をお見せします。
半年で385万円なので年収にならすと770万円です。

3月4月5月6月7月8月
月収44万94.6万94.6万94.6万3.85万53.9万
労働時間160h184h160h192h8h112h
時給\2,750\5,141\5,912\4,921\4,812\4,812

思っていたより少ないな。
1000万とか余裕で行くんじゃないの?

って思いました?
1年間週5フルタイムで働けば、年収1000万越えます。

労働時間見るとわかるんですが、あまり働いてないんですよ。
7月なんて働いたのは1日だけ。
少ない労働時間で、サラリーマンの時以上の収入を得られています。

年収 ÷ 2000時間 =時給

lifehacker.jp「あなたの時給はおいくらですか? ~知って得する計算方法」より

本当か?ということで、計算してみました。
私のサラリーマン時代の年収がちょうど600万円ぐらいでした。

だいたい9:00~19:30(@8.5時間)だったので、
8.5(時間)×20(日)×12(ヶ月)=2040時間

600万 ÷ 2040時間 =2941円/時

うん、合ってますね。

時給が大幅に増えました

サラリーマンの時:3000円
フリーランスの今:5000円

フリーランスエンジニアの平均年収は700~1000万

フリーランスエンジニアの平均年収はサラリーマンより高いの?

私の実績だけだと「フリーランスエンジニアは儲かるのか」はわからないので、平均も調べてみました。

フリーランスのシステムエンジニアの年収は、平均で700万円から1000万円程度となっています。月収が大体60万円から90万円程度のシステムエンジニアが多くなっています。

参考として、会社に所属しているシステムエンジニアの年収平均が、大体600万円程度です。

MidWorks「【職種別】「ITフリーランス」の年収とは|魅力や特徴など」より引用
フリーランスサラリーマン
700~1000万円600万円
平均年収の比較

年収ベースだとフリーランスエンジニアのほうがサラリーマンより100~400万年収が高いですね

フリーランスエンジニアの3つのメリット

ここではフリーランスエンジニアのメリットについて、以下の3つをお伝えします。

  1. 収入が増える
  2. 案件を選べる
  3. 自由に働ける

1.収入が増える

サラリーマンと比べて時給は確実に上がります。
エンジニアって開発費とかで見積もり出すじゃないですか。「○○万/人月」みたいなやつ。

サラリーマン時代、見積もりを見るたびにこう思ってました。

俺の作業費の見積もりこんなに高いのに、給料安くね?



フリーランスだと、この見積もりの金額がそのまま自分の手元に入ってくるイメージです。
※厳密にはちょっと安くなります。

2.案件を選べる

フリーランスはいくつか仕事の候補があって、その中からやりたいものを選ぶことができます。

私がサラリーマンの時は、基本的に仕事は依頼されて、「やる」か「やらない」かを選ぶものでした。
もちろん断ることもありましたが、断りすぎると社内での評価に影響することも。。

フリーランスならやりたい仕事選び放題です。

仕事とは

サラリーマン:降ってくるもの
フリーランス:選ぶもの

3.自由に働ける

時間的な自由

週2~3勤務で生活していく分だけ稼いで、残りはゲームする!

めちゃくちゃ稼いでやる!月月火水木金金!

こんな感じで「どれくらい働くか」や「いつ働くか」を好きに選べます。
土日は混んでる歯医者やスーパー先頭なんかも平日空いている時に行き放題です。

場所的な自由

フリーランスとしての半年間、全ての仕事をリモートで行っています。
ネットさえつながればどこでも仕事ができます。

常駐案件も、通常は勤務地が公開されているので、家から遠い場所は避けることができます。

フリーランスエンジニアのデメリット

ここではフリーランスエンジニアのデメリットについて、以下の3つをお伝えします。

  1. 収入が不安定
  2. 雑務が増える
  3. 寂しい

1.収入が不安定

言い換えると、「毎月収入がある保証がない」です。

サラリーマンって全然仕事なかった月でも、給料はもらえますよね。
フリーランスは仕事しなかったらお金はもらえません。

お金

サラリーマン:仕事がなくてももらえる
フリーランス:仕事しないともらえない

2.雑務が増える

  • 見積もり作成
  • 請求書の送付
  • 会計処理
  • 確定申告

フリーランスは事務作業等を全部自分でやらないといけません。
(外注する手もあるけど)

事務のお姉さんも、経理のおばちゃんもいません。

経理のおばちゃん

サラリーマン:いる
フリーランス:いない

3.寂しい

「同じ会社の同僚」ってコミュニティとしてめっちゃ強いんですよね。

  • (転職とかしない限り)先何年間も一緒
  • 仕事が一緒
  • 上司が一緒
  • 給料もだいたい一緒

これだけの共通点って「会社の同僚」以外なかなか無くないですか?
会社の人たちで楽しそうに飲んでるのとか見ると、少し羨ましくなったりします。

フリーランスエンジニアの仕事のとり方3選

ここではフリーランスエンジニアの仕事のとり方について、以下の3つをお伝えします。

  1. エージェントから紹介してもらう
  2. 自分で探す
  3. サービスを開発する

1.エージェントから紹介してもらう

手軽さ   ★★★★★
収入    ★★★☆☆
オススメ度 ★★★☆☆

エージェントからの紹介は、フリーランスにとって最も簡単に仕事を見つける方法です。
エージェントが仕事を紹介してくれる代わりに、手数料をとられます。

登録しておけば案件を紹介してくれて、
希望すれば遅くともだいたい翌月には(早ければ即日で)仕事を見つけられます。

ちなみに私はエージェント1回も使ったことがありません。
急に仕事が途切れたり、自分で見つけられなかった時のため、エージェントには登録だけしています。

参考までに、私の登録しているエージェントです。

フリーランスエンジニアに興味ある!けど本当に仕事あるのかな・・


そんな方は、ひとまずエージェントに登録してみると良いです。
あなたの経歴からどんな案件を紹介できるのか、を教えてもらえます。

2.自分で探す

手軽さ   ★★★☆☆
収入    ★★★★☆
オススメ度 ★★★★☆

エージェントより少し難易度が上がります。

  • 前職から紹介してもらう
  • 求人(業務委託等)をしている会社に直接申し込む
  • 自分で会社に営業をかける

こんな感じですね。

直で交渉できて手数料もとられないので、
エージェントから仕事をもらうより条件が良いことが多いです。

3.サービスを開発する

手軽さ   ★☆☆☆☆
収入    ★★★★★★★★
オススメ度 ★★★★★

自分でサービス作ってそこから収入を得ちゃうパターンですね。

ハイリスク・ハイリターンですが、
フリーランスやるからにはサービス開発からの収入を目指すべきだと思います。

以上、フリーランスエンジニアの実態をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA