フリーランスエージェントとは?メリット・デメリットを解説

フリーランスエージェントってなに?
どうやって使うの?

そんな疑問にお答えします。

この記事の信頼性

✔現役フリーランスエンジニア
✔エージェントを利用中

フリーランスエージェントとは

フリーランスエージェントとは、企業とフリーランスのお仕事マッチングサービスです。

フリーランスエージェントのデメリット

ここではフリーランスエージェントのデメリットをご紹介します。

マージン(手数料)をとられる分、単価が安くなる

仕事を紹介してもらえる代わりに、マージン(手数料)をエージェントにとられます。
マージンは10~25%程度。

単価が100万/月 の案件で、マージンが10%だった場合、
あなたに支払われる金額は90万円(100万-10万)となります。

営業力が身につかない

企業への営業や単価交渉等を、エージェントがあなたの代わりにやってくれます。
結果、営業のスキルが身につきにくいです。

今はエージェントたくさんあるし、
フリーランスに営業力はいらないんじゃないの?

はじめのうちはエージェントに頼ってもいいですが、
徐々に自分で仕事を取ってくる形にシフトすべきです。

エージェントが増えている今だからこそ、
営業力があり自分で仕事を取ってこれることは差別化につながります。

スキルの切り売りになりがち

エージェントでは基本的に未経験の仕事は受けられず、
今持っているスキルの切り売りになりがちです。

できることが増えていかないので、
数年後・数十年後も今と同じ仕事をしていることになりかねません。

エージェントから受ける仕事とは別に、
スキルアップの機会を自らもうけていく必要があります。

フリーランスエージェントのメリット

ここではフリーランスエージェントのメリットをご紹介します。

営業せずに仕事を見つけることができる

エージェントに登録していると、営業を一切せずに仕事を紹介してもらえます。

じゃぱそん

10月から暇になるから仕事紹介してください!

エージェント

こんな案件どうでしょう?

こんな感じ。
もしエージェントを利用しないで自分で営業する場合、以下の作業が発生します。

  1. 仕事をもらえそうな企業を探す
  2. 見積もり作る
  3. 提案する

しかも①~③の営業活動そのものにはお金は発生せず、
失注した場合は作業自体が無駄になるんですよね。。辛。

エージェントは、あなたの代わりに営業活動をしてくれます。

営業活動そのものにはお金が発生しない。
エージェントは営業活動を代わりに行ってくれる。

仕事が途切れるリスクを減らすことができる

エージェントは早ければ即日で仕事を見つけることができます。
フリーランスは仕事が途切れた場合、その間お金は1円も入ってきません。

じゃぱそん

今月で案件終わるのに、次の仕事がない!!

こんなことになった場合、慌てて営業活動を行ってうまく仕事がとれたとしても、
実際に仕事が始まるのは数カ月後だったりします。

エージェントに登録しておけば、すぐに仕事が見つかるので安心ですね。

エージェントは仕事がなくなった時のセーフティネット。
すぐに案件を探す予定がなくても、登録しておくと安心です。

フリーランスエージェントの利用の流れ

ここでは、エージェントに登録し実際に仕事を始めるまでの流れをご紹介します。
以下の5ステップとなります。

  1. 会員登録
  2. エージェントと面談
  3. 案件の選択
  4. 企業と面談
  5. 案件開始

「とりあえず登録だけしておきたい」場合は①②を実施すればOKです!

1.登録~案件紹介まで

案件を紹介してもらうために必要な作業は以下の2ステップです。

  1. 会員登録
  2. エージェントと面談

1.会員登録

名前、住所などの基本情報の他に、

  • 今までの経歴
  • 持っているスキル
  • 希望する案件の条件

などを記入します。

2.エージェントとの面談

会員登録後は、エージェントの担当者から面談の案内メールが届きます。
今はオンラインで面談が行われることが多いです。

面談では、会員登録時に書いた情報について深堀りが行われます。
面談時間は1時間程度です。

面談が終わると、あなたのスキル・希望に合った条件を紹介してくれます。

案件は常にあるの?

希望によってはないこともあります。
複数のエージェントに登録しておくと良いです。

3.案件選択~5.お仕事開始まで

じゃぱそん

この案件やりたい!

となった時に、すぐにその案件ができるわけではありません。
案件紹介~実際にお仕事を開始するまでの流れをご紹介します。

3.紹介案件の中からやりたいものを選ぶ

希望の条件に合う案件が見つかれば、エージェントの担当者に伝えましょう。
企業との面談をスケジューリングしてくれます。

4.企業との面談

お仕事をすることになる企業との面談を行います。

  • 案件に必要なスキルを持っているか
  • 人柄に問題はないか

などを見られます。面談に合格となれば、案件開始となります。

面談で不合格となることってどれくらいあるの?

エージェントの担当者さんいわく、3件中2件は受かります。
経歴・スキルを事前に伝えた上で面談するので、落とされることは少ないそうです。

5.案件開始

はれて案件開始となります。
仕事をしてみて、聞いていた話と違った、残業が多すぎる等の問題があれば、
エージェントの担当者に相談しましょう。

フリーランスエージェント利用時の注意点

頼りっきりは厳禁!

前述のとおり、エージェントからの紹介で受けれる仕事だけをやっているとスキルの幅が広がっていきません。

  • スクールに通って新しいスキルを獲得する
  • クラウドソーシングで未経験の分野の実務経験を積む
  • ブログやWEBサービス開発等、コンテンツ作りを行う

などを同時並行で行い、スキルアップにつなげていきましょう。

いかがでしたでしょうか。

フリーランスで一番怖いのは「仕事がない」ことですよね。
エージェントを利用すれば、仕事がなくなる不安を減らすことができます。

うまく活用して、フリーランスとして「楽じゃないけど楽しい日々」を過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA