【元社員が語る】「SIerのエンジニアはプログラミングできない」は本当?【真相と対策】

SIerから内定もらったけど、「SIerはプログラミングできない」って本当?

SIerに入社したけど、全然プログラミングしてない。これってやばい?

そんなお悩みにお答えします。

この記事の信頼

☑元SIer社員(7年勤務)
☑プログラミング研修講師(VB.net,Java)

私は元SIer、現フリーランスエンジニアです。
プログラミング研修の講師や、開発(プログラミング)案件もやっています。

「将来は独立」を見据え、エンジニアになりました。
SIerで働いてみて、「独立してやっていけるスキルが身につくのかな・・」と不安でした。

そこで、SIerで働く(働こうとしている)あなたの不安を払拭すべく、この記事を書くことにしました。
今回は、「プログラミング」に注目しています。

結論を言えば、「SIerでもプログラミングを学ぶことは可能」です。
私は今、フリーランスとして週2-3で40万ほど稼いでいます。SIerで7年間働いて身につけたスキルが、私のベースになっています。

この記事を見れば・・
  • SIerでプログラミングできない理由
  • プログラミングできないと何がやばいのか
  • プログラミングを身につけるにはどうしたらいいのか

がわかります。

ぜひ最後までごらんください!

「SIerではプログラミングできない」は本当?

「SIerでプログラミングできない」は本当です。

ここでは私の実体験を基に、「SIerではプログラミングできない」の真相をお伝えしていきます。

SIerで働くエンジニアの半数以上はプログラミングができない

私のいたSIerでは、1年目の5月~8月に新入社員研修の一貫として、3ヶ月間プログラミングを学びました。

プログラミングを扱えるのは基本的にこの新入社員研修の時だけです。

プログラミング研修の成績が良ければ、「あなたは実務でもプログラミング使っていいですよ」という許可がもらえます。私の期では、「プログラミングOK」となったのは12人中4人程度でした。

例年、「プログラミングOK」となるのは3~4割とのことです。

つまり、私のいたSIerでは、【6~7割のエンジニアがプログラミングができない】ということになります。

実際、社内で使われていたマクロもほとんどの人が直すことができず、私が直していました。

仕事でプログラミングを使わない

プログラミングできないのにどうやって仕事するの?

SIerでは、基本的に仕事でプログラミングを使いません。

ざっくりいうと、SIerでのシステム開発は以下の3ステップです。

システム開発の3STEP
  1. どんなものを作るのか決める
  2. 別の会社にプログラミングをお願いする
  3. できあがったものを確認して納品

開発は別の会社に依頼するので、SIerのエンジニアがプログラミングをすることはありません。

プログラミングできないエンジニアは何がやばいのか?

ここでは、「プログラミングできないエンジニアは何がやばいのか」についてご紹介します。

正直「やばいエンジニア」ばかりでした。。

システム開発はよく「家作り」に例えられます。

プログラミングできない=家の作り方を知らない

ということです。

家の作り方を知らない人が、家を設計する

いかにも色々やばそうですね。。

どんな問題が起きるのか、見ていきましょう。

1.まともな仕様を決められない

仕様とは・・完成予定図。「どんなものを作るのか」をまとめたもの。

プログラミングできないエンジニアは、まともな仕様を決めることができません。

先程の「家作り」に例えてみましょう。家の作り方を知らない人が、家を設計するとどうなるでしょう。

なんでこんなところにトイレがあるんだ?
ちょっと場所を変えれば楽に作れるのに・・

こんな風に、プログラミングできないエンジニアが設計すると、作る時の手間を考えていない仕様になることがざらにあります。

なお、「仕様を決める」ことはSIerのメインとなる仕事の一つです。

2.工数を見積もれない

プログラミングできないエンジニアは、工数(作業にかかる手間。時間や費用)を見積もることができません。

以下の質問について、少し考えてみてください。

Q:「あなたが住んでいる家の窓を1つ増やす」場合、どれくらいの時間、お金がかかるかわかりますか?

想像もつかない!

あなたが「家の作り方」を知らないから、想像もつかなくて当然です。

システム開発でも同じことが起きます。
お客さんと、「プログラミングできないエンジニア」の会話を見てみましょう。

お客さん

このテキストボックスをドロップダウンリストに変えるのって難しい?

プログラミングできないエンジニア

(わからん、、)確認します。

このプログラムを夜中に自動で実行できるようにするのっていくらくらいかかる?

(これもわからん、、)確認します。

・・・(大丈夫かなこの人)

プログラミングができないと、お客さんからの要望にどれくらいの工数がかかるのか見積もることができません。

なお、「見積を作る」こともSIerのメインとなr(ry

3.技術的に可能かどうか判断できない

プログラミングできないエンジニアは、技術的に可能かどうかを判断できません

例えば「今の家に天窓をつけることはできるか」って質問、家を作れる人にしか答えられないですよね?

お客さんとの打ち合わせ時に「これってできる?」と聞かれても、プログラミングのできないエンジニアは答えることができません。

プログラミングがわかっている人なら「できますよ!」と即答なことでも、
わざわざ開発会社に確認しないと回答できません。

4.エンジニアとして成長できない

プログラミングができないと、エンジニアとしての成長に限界があります。

突然ですが、プログラムのソースを紹介します。

public class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("HelloWorld");
    }
}

何がなんだかさっぱりわからん。

Javaの知識がある人なら、「ああ、コンソールにHelloWorldって出力するプログラムだな」とわかります。

何がいいたいのかというと、「知識があると得られる情報が増える」ということです。

プログラミングができるエンジニアならSIerの仕事を通じて、
以下のようにどんどん知識を増やすことができます。

できるエンジニア

ああ、こういう作りをすると工数がかかってしまうんだな

この問題を解決するためにこんな技術があるんだな


一方、プログラミングのできないエンジニアの知識は増えていきません。

全く同じ仕事をしたとしても、プログラミング知識の有無によって得られる経験、知識が変わるのです。
プログラミングができなくてもSIerで仕事を回すことはできますが、成長はどこかで頭打ちになります。

SIerでプログラミングを学ぶ方法

ここでは「SIerでプログラミングを学ぶにはどうしたらいいか」をお伝えします。

私のプログラミング技術も、ほとんどはSIerにいたときに培ったものです。

(大前提)プログラミング研修を本気で受ける

まず、新入社員の時に受けられるプログラミング研修を本気で受けましょう

プログラミングは仕事で使わないらしいし、研修も適当でいいっしょ~

とかダメ、絶対!

会社でのプログラミング研修は、お金がかからずにプログラミングを学べる絶好のチャンスです。
「今後プログラミングで食っていく」ぐらいの気持ちを持って真剣にやりましょう。

プログラミングのプの字も知らないとSIerとはいえさすがに仕事にならないので、どの会社でもある程度の期間プログラミング研修はあるはず。・・・え、ありますよね?汗

1.仕事でプログラミングに触れる機会を自ら作る

エンジニアとして仕事している以上、意識さえすればプログラミングに触れられる機会はあるはずです。
その機会を逃さずに、積極的にプログラミングに関わるようにしましょう。

プログラミングにふれる機会の例
  1. バグがあった時にソースを見て原因の当たりをつけてみる
  2. 簡単な修正なら自分でプログラミングする(会社的に許可されていれば)
  3. 社内で「プログラミングをやりたい」と公言する
  4. プログラミング研修の講師に立候補する

私も①~④の全部やってました。
③はあまり意味ないように見えますが、やっておくとプログラムのちょっとした修正とかお願いされるようになりますよ。

2.本などで独学する

「仕事でプログラミングに触れる機会を自ら作る」を実践していると、研修で学んだ知識だけでは足りなくなってくるはずです。そんなときは独学しましょう。

独学の方法
  • 動画(YouTube、Udemy等)

初学者に独学はおすすめしませんが、「研修でプログラミングの基礎をしっかり学ぶ」ことで、独学でもスムーズに知識を身につけることができます。

3.スクールにかよう

  • プログラミング研修だけでは身につかなかった
  • 独学やってみたけど厳しかった
  • そもそもプログラミングを一切教わっていない

そんな場合は、「お金で解決」です。スクールに通って、もう一度学び直しましょう。

どうせなら、会社では扱っていない新しい言語を学んでみたいな。

まずは、会社で使っている言語をしっかり身につけましょう。
新しい言語を学ぶのはそのあと。

4.転職する

最終手段です。プログラミングを実務で使う会社に転職しましょう。

プログラミングできる会社ならどこでもいいの?

2つ、条件があります。

転職先の条件
  1. 教育体制がしっかりしていること
  2. ユーザからの直受け案件が多いこと

転職の際には、ITに特化したエージェントを使いましょう。

終わりに:全ては自分次第。環境に言い訳しないこと

以上、SIerプログラミングできない問題についてご紹介してきました。

まとめ
  • プログラミングできないと色々やばい
  • SIerでもプログラミングを身につけることは可能

重要なのは、どんな会社、環境にいるとしても「自分を成長させるのは自分」ということです。

言い訳せず、自分で未来を切り開いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA